Mステ 2015年3月25日 トーク


紅白歌合戦・出演者&動画
【紅白歌合戦2016-2017・出演者予想】

【紅白歌合戦2016-2017・司会予想】
紅白歌合戦・Mステ出演者(年別)
2015年の出演者
2014年の出演者2013年の出演者
2012年の出演者2011年の出演者
2010年の出演者2009年の出演者
2008年の出演者2007年の出演者
2006年の出演者2005年の出演者
2004年の出演者2003年の出演者
2002年の出演者2001年の出演者
2000年の出演者1999年の出演者
1998年の出演者1997年の出演者
1996年の出演者1995年の出演者
1994年の出演者1993年の出演者
1992年の出演者1991年の出演者
1990年の出演者1989年の出演者
1988年の出演者1987年の出演者
1986年の出演者1985年の出演者
1984年の出演者1983年の出演者
1982年の出演者1981年の出演者
1980年の出演者1979年の出演者
1978年の出演者1977年の出演者
1976年の出演者1975年の出演者
1974年の出演者1973年の出演者
1972年の出演者1971年の出演者
1970年の出演者1969年の出演者
1968年の出演者1967年の出演者
1966年の出演者1965年の出演者
1964年の出演者1963年の出演者
1962年の出演者1961年の出演者
1960年の出演者1959年の出演者
1958年の出演者1957年の出演者
1956年の出演者1955年の出演者
1954年の出演者1953年の出演者
1952年の出演者1951年の出演者

トピックス
★ 今週・先週のMステ出演者・動画 ★
Mステ放送事故・まとめ
Mステ出演禁止アーティスト一覧
Mステ出演者別トーク・エピソード
SMAPV6
Hey! Say! JUMPKis-My-Ft2
SEXY ZONEタッキー&翼
AKB48乃木坂46


Mステ 2016年3月25日 トーク



ケツメイシ

タモリ「今夜の1曲目、10年ぶりの登場、ケツメイシです」

ケツメイシ「よろしくお願いします」

アナ「今夜は話題のCMソング”さらば涙”と、クレヨンしんちゃんの主題歌”友よ~この先もずっと・・・”をTV初披露していただくということで、しんちゃんが応援にきてくれましたー」

しんちゃん「わーい、タモリさーん! どうもこんばんわー。よろしくねー!」

タモリ「相変わらずバカにしてるなぁ」

アナ「してないですよー。挨拶ですー」

タモリ「そっかー。ケツメイシ、今回しんちゃんと一緒なんだよね?」

RYO「そうです。おケツ繋がりということで、今しん様の勢いに乗らせていただいて、シリ上がりにやってやろうというのが、我々のケツ論です。よろしくお願いします」

タモリ「フッフッフ。しんちゃん、今回の曲はどうですか?」

しんちゃん「はい、本当にシリ上がりにいくと思いますよー。オラの映画の為にわざわざ書き下ろしてくれたんだけどね、すっごいいい曲なのー! オラ本当にしあわせものー。さすが、おケツ仲間ですなー!」

(会場笑)

タモリ「ナニ言ってんだ(笑)」

アナ「更にケツメイシの皆さんには、番組の後半で2005年の大ヒット曲、”さくら”を10年ぶりに披露していただきまーす」

タモリ「それでは参りましょう!」

アナ「ケツメイシで、スペシャルメドレーです」


AKB48

アナ「さぁ、この後はAKB48の皆さんに”365日の紙飛行機”を披露していただくんですが、最近の卒業式ではJポップが歌われることが増えているんですねー」

タモリ「すいません、時代が違いますねー」

(AKB笑)

アナ「タモリさんの時は?」

タモリ「”仰げば尊し”だけですねー」

アナ「あと校歌とか…」

タモリ「これ1つ疑問があるんですが、これ何を歌うかは全員で決める訳でしょ?」

アナ「そうですよね?」

たかみな「そうですね。大島さん違いました?」

大島優子「私は”仰げば尊し”でした」

タモリ「アレ? 同じ世代ですねー」

(AKB笑)

たかみな「世代が… アレ?」

大島優子「おかしいですねー。ヤバイヤバイ、バレちゃうバレちゃう(笑)」

タモリ「バレちゃいましたね、年が」

大島優子「大分サバ読みすぎですよ」

タモリ「これでも、アレでしょ、決めて、色々意見出て、どうしても俺は嫌だって奴も、不服ながら歌ってるの、中で?」

たかみな「確かに全員一致はなかなか無いですよね」

タモリ「全員一致は無いよね?」

たかみな「無いですね。確かにそう思うと複雑ですね」

タモリ「今の様子見てると全員一致みたいな…」

アナ「本当に一生懸命歌っていましたよね、皆さん」

タモリ「うん」

アナ「はい」

タモリ「それでは参りましょうか」

アナ「はい。AKB48で、桜&卒業ソングランキングで39位にランクインした”365日の紙飛行機”です。どうぞ」

 

Kis-My-Ft2

タモリ「はい、続いてはKis-My-Ft2です。よろしくお願いします」

Kis-My-Ft2「よろしくお願いします」

タモリ「キスマイは、卒業式どうだったの?」

藤ヶ谷「はい、僕が高校卒業する時が、KAT-TUNの皆さんがデビューしてミュージックステーションがある日で、金曜日だったので、ダッシュで…」

KAT-TUN「すいません(笑) ありがとうございます」

藤ヶ谷「こちらこそ、ありがとうございました」

タモリ「フッフ。キスマイはKAT-TUNとは交流はあるのか?」

横尾「はい、僕が10年以上前からお正月は亀梨くんの家で過ごさせてもらってます」

タモリ「へぇー」

横尾「家に帰らないで亀梨くんの家に泊まってます」

タモリ「自分の家に帰ってないの?」

横尾「帰ってないです。亀梨くんの家に泊まってます。洋服もらったり、お年玉もらったり、と」

亀梨「年齢1コしか変わんないんですけどね」

タモリ「1コ違いでお年玉もらってるんだ?(笑)」

横尾「もらってます。あの、A.B.C-Zの河合郁人とも一緒に」

タモリ「あ、そう」

亀梨「大掃除しに行きますよって、ちゃっかり服だけ持って帰るんですよ」

タモリ「フフフ」

(会場笑)

横尾「いやボクだけじゃなくて、玉森も藤ヶ谷も一緒に」

玉森「はい、いただきました」

亀梨「あれは手伝ってるっていうのか? ちょっとこうお酒の量を多めにすすめられて、ボクが気分が良くなったところで、これ、メッチャサイズ、ピッタリっすねーって皆でファションショーが始まるんで、ちょっと困ってるんですけどねー」

横尾「いつもお世話になってまーす」

藤ヶ谷「お世話になってまーす」

アナ「Kis-My-Ft2のステージ、この後すぐです」

 

三代目J Soul Brothers

タモリ「皆、卒業式はどうだったの?」

登坂「はい、あのボクの卒業式の時は、同級生の男同士で、学生服のボタンとかを、全部同級生とか後輩の子とかにもらってもらって、全部無くなって帰るってことが、スッキリ卒業するって、結構あったんですけど」

タモリ「全部あげるの?」

登坂「第二ボタンだけじゃなくて、もう全部もらってもらえたら、スッキリ卒業できるねって皆で言い合ってて」

タモリ「へぇー!」

登坂「で、何か、僕はありがたいことに…」

タモリ「残ってる奴はダメなんだ?」

登坂「ダメというか(笑) ボクはありがたいことに全部、もらってもらって、すごい奴とかは、もう靴とかまであげたり」

タモリ「へぇー」

登坂「その、今後履かなくなる上履きを履いて、家に帰るとか。卒業式終わって」

アナ「登坂さんはお写真がございます」

タモリ「あるの?」

(登坂の17歳の時の学生服姿の写真が画面に出る)

アナ「当時のお写真」

登坂「これ多分、17歳とか、それくらいです」

タモリ「へぇー。で、前はだけて帰るとかがいいんだ?」

登坂「そうなんですよ。校章とかもあげたりとかして」

アナ「さぁ、ELLYさんにもお写真お持ちいただいたんです。こちらです」

(ELLYの学生服姿の写真が画面に出る。スキンヘッド姿)

(会場笑)

ELLY「マルコメですね。マルコメちゃんで。これは自分、野球やってたんですけど、あの、卒業式終わった後すぐ東京に野球で出て行かなくてはいけなくて、それで自分の青森の空港に行った時に、サプライズで野球部とお母さんが、頑張れよって幕持って送ってくれて、それはさすがに自分も泣きましたね」

タモリ「へぇー」

タモリ「悪そうだね、これ」

ELLY「そうですねー」

アナ「でも野球部だったんですよね?」

ELLY「そうですね、すいませんあの髪、ちょっと短くて、ちょっと…」

アナ「三代目J Soul Brothers、最新曲はこの後すぐです」

 

浜崎あゆみ

タモリ「続いては、浜崎あゆみちゃんです」

浜崎あゆみ「よろしくお願いします」

アナ「お願いしまーす」

タモリ「あゆ、卒業式はどうだったの?」

浜崎あゆみ「卒業式は、私は、あの、女の子の、女子の先輩とか? 後輩とか、あと他の学校の中学生?の皆が集まって、すごくあの、お花をたくさんもらって、でも何でそんなに人が集まったのか分からないんです」

タモリ「いや俺、何言ってんだか分かんないけどね」

(会場笑)

浜崎あゆみ「ホントですかー?」

タモリ「学校で卒業式がある訳でしょ?」

浜崎あゆみ「そうですそうです。卒業式が終わって… そうですね」

タモリ「そこに他の?」

浜崎あゆみ「そうなんですよ。色々な人が来たんですよ」

アナ「有名だったんじゃないですか?」

浜崎あゆみ「いや全然」

アナ「そういうことではない?」

浜崎あゆみ「はい」

タモリ「ホント? すごいねそれは」

浜崎あゆみ「そうなんですよ」

タモリ「後輩も?」

浜崎あゆみ「はい。何でだったんだろう?」

タモリ「人気者だったんだ、それ」

浜崎あゆみ「そんなことも無いんですけど」

アナ「この後浜崎あゆみさんにはですね、1999年発売の名曲”A Song for XX”をミュージックステーションでは15年ぶりに披露していただきます」

タモリ「藤ヶ谷もこの曲好きだったんだって?」

藤ヶ谷「中学生の頃聞いて、”いつから大人になる いつまで子供でいいの”って歌詞がすごく心に刺さったんですよ。未だに答え分かんないんですけど、本当にそれが思い出に残ってますね」

浜崎あゆみ「ありがとうございます」

アナ「浜崎あゆみさんのステージ、この後すぐです」



KAT-TUN

タモリ「田口、最後ですよ」

田口「そうですね、本当にやっぱ今まで頑張ってこれたのは、ファンの皆様のお陰だなっていうのはすごく感じるので、本当にありがとうございました」

タモリ「そうだ」

田口「これからはKAT-TUNと僕、それぞれの違う道を進むことになりますけど、でもこれが終わりじゃなくて、スタートなんだって、そういう希望に溢れたステージになればいいなって思ってます」

タモリ「なるほど、入り口ってことか?」

田口「出口、田口でーす!(笑)」

(会場笑)

亀梨「すいませんね、コイツ」

上田「最後までこれかよ!」

中丸「うまく振ってくれたのにさ、ナニ言っちゃってんのお前」

タモリ「新曲もスガ君が作ったの?」

亀梨「そうなんですよ。デビューの”Real Face”も作詞もしてくださって、今回この10周年にあたって、書いてくださったんですけど、僕たちはこの5月1日でグループとしての充電期間にも入らせてもらうんですけど、そういうところをすごく汲み取って下さって、作っていただいてので、本当にあの、大切な1曲になりましたね」

タモリ「ほぉー。中丸これから歌ってもらうんですけど、どうですか?」

中丸「そうですね、改めてやっぱり田口が、あのこのMステ、今回でKAT-TUNとしての活動最後になるんで、あのこの4人で、最後の時間というものをこのMステで設けてもらったので、まず関係者に皆さんに感謝したいと思います」

タモリ「んー」

中丸「で、やっぱり改めてデビュー曲と最新シングル歌うんですけれども、B'zの松本さんとスガシカオさんに感謝してますね。とってもいい曲が出来たんで、視聴者の皆さんにも気に入ってもらえたら、と思ってます」

タモリ「ほぉ。上田はどうですか?」

上田「そうですね、田口と歌う”Real Face”、これでもう最後なので、もう本当に1秒1秒しっかりと、歌いたいと思います。そして”君のユメ ぼくのユメ”も僕たちの前向きなメッセージとして、一生懸命歌いたいと思います」

タモリ「ほぉー。これから亀梨はどうだ?」

亀梨「そうですね、とにかくこの形っていうのをしっかり刻みながら、この10周年、本当にこんな形で迎えられたのもファンの皆さんのお陰であり、またこうしてね、10周年のメドレーをミュージックステーションで歌わせてもらうのにも感謝しながら、やりたいなと思っています」

タモリ「ほぉ。しばらく充電期間になるの?」

亀梨「そうですね。この後3人でライブを全国ツアーをやらせてもらって、そこからは…」

中丸「まだ未定なんですけどね」

タモリ「そうですか」

アナ「はい。KAT-TUNの4人での最後のステージ、この後すぐです」


→戻る



©紅白歌合戦 出演者&動画