Mステ 2016年4月22日 トーク


紅白歌合戦・出演者&動画
【紅白歌合戦2016-2017・出演者予想】

【紅白歌合戦2016-2017・司会予想】
紅白歌合戦・Mステ出演者(年別)
2015年の出演者
2014年の出演者2013年の出演者
2012年の出演者2011年の出演者
2010年の出演者2009年の出演者
2008年の出演者2007年の出演者
2006年の出演者2005年の出演者
2004年の出演者2003年の出演者
2002年の出演者2001年の出演者
2000年の出演者1999年の出演者
1998年の出演者1997年の出演者
1996年の出演者1995年の出演者
1994年の出演者1993年の出演者
1992年の出演者1991年の出演者
1990年の出演者1989年の出演者
1988年の出演者1987年の出演者
1986年の出演者1985年の出演者
1984年の出演者1983年の出演者
1982年の出演者1981年の出演者
1980年の出演者1979年の出演者
1978年の出演者1977年の出演者
1976年の出演者1975年の出演者
1974年の出演者1973年の出演者
1972年の出演者1971年の出演者
1970年の出演者1969年の出演者
1968年の出演者1967年の出演者
1966年の出演者1965年の出演者
1964年の出演者1963年の出演者
1962年の出演者1961年の出演者
1960年の出演者1959年の出演者
1958年の出演者1957年の出演者
1956年の出演者1955年の出演者
1954年の出演者1953年の出演者
1952年の出演者1951年の出演者

トピックス
★ 今週・先週のMステ出演者・動画 ★
Mステ放送事故・まとめ
Mステ出演禁止アーティスト一覧
Mステ出演者別トーク・エピソード
SMAPV6
Hey! Say! JUMPKis-My-Ft2
SEXY ZONEタッキー&翼
AKB48乃木坂46


Mステ 2016年4月22日 トーク



Mr.KINGとジャニーズJr.

タモリ「今夜の1曲目は、Mr.KINGとジャニーズJr.」

Mr.KINGとジャニーズJr.「よろしくお願いします。」

アナ「Mr.KINGの皆さんは平均年齢が17.6歳。平野紫耀さん、永瀬廉さん、高橋海人さんの注目Jr.3人によるユニットなのです。」

タモリ「今日初めてテレビに出るJrの子いるの?」

平野「そうなんですよ。今回この下にいる子たち、この9人の子たちが研修生なんですけど、今回が初めてでガッツリ見せていきたいと思います。」

タモリ「これから唄ってもらうけどどうですか?」

平野「そうですね、ジャニーさんが考えて演出して下さった3分20秒を皆さんに楽しんでもらいたいと思います。」

タモリ「それではスタンバイよろしくお願いします。」

Mr.KING「お願いします。」

アナ「お願いします。先程の研修生なんですが、先週土曜日にオーディションを受けたばっかり。」

タモリ「ああそう。」

アナ「そうなんです。その9名を含めた総勢55名でパフォーマンスしていただきます。」

タモリ「それではまいりましょう。」

アナ「Mr.KINGとジャニーズJr.で、スペシャルメドレーです。どうぞ。」


きゃりーぱみゅぱみゅ

タモリ「続いてはきゃりーぱみゅぱみゅです。」

きゃりーぱみゅぱみゅ「よろしくお願いします。」

-VTR-

タモリ「ワールドツアー3回目なんだ?」

きゃりーぱみゅぱみゅ「はい、そうなんです。3度目…今年やるんですけども、でもまだこんな海外で3度もライブ出来ると思っていなかったのですごいびっくりしています。」

タモリ「中国語難しい?」

きゃりーぱみゅぱみゅ「難しいです。何かイントネーションちょっと違うだけで全然伝わらなくて…」

タモリ「伝わらないの?」

きゃりーぱみゅぱみゅ「伝わらないですよ。何かぽかーんみたいな、変な間が出来て。」

タモリ「そうなんだ。」

きゃりーぱみゅぱみゅ「はい。すごい猛特訓してました。」

タモリ「へ~。じゃあスタンバイよろしくお願いします。」

きゃりーぱみゅぱみゅ「よろしくお願いします。」

アナ「よろしくお願いします。」

タモリ「ベビーメタルはどうなの?」

SU「はい。ちっちゃいころから海外と言うのはテレビだけの世界だと思っていたので、だからそんな世界に行けるということが今でも信じられてないので何か不思議だな、て思うんですけど、でもワールドツアーを通して音楽って世界共通で、本当に色んな人と繋がることが出来るんだな、って思ったので3度目のワールドツアーこれからまわるのでまた今回もすごい楽しみです。」

タモリ「すごいよね。特にイギリスじゃすごいよね。」

SU「はい。w」

アナ「本当ですよね。」

タモリ「それではまいりましょう。」

アナ「きゃりーぱみゅぱみゅで、最&高です。どうぞ。」


欅坂46&ナオトインティライミ

タモリ「続いては初登場、欅坂46です。」

欅坂46「よろしくお願いします。」

-VTR-

タモリ「14歳。」

平手「はい。」

タモリ「中学?」

平手「3年生です。」

タモリ「3年生?」

平手「はい。」

タモリ「3・4年前まではランドセル背負ってたんだよね?」

アナ「そうですよね。」

平手「そうですよね。」

タモリ「そうだよね。センターですよ。どう?これは。」

平手「いや、すごくプレッシャーで、私がすごい緊張しいなので、いつも舞台袖でメンバーに背中を叩いてもらったりしてもらってます。」

タモリ「ああ、そうなんだ。」

平手「はい。」

タモリ「オーディション何で受けたの?」

平手「先輩の乃木坂48さんに憧れて、私も先輩の様な存在になりたいなぁ。と思って。」

タモリ「ちっちゃい頃からこういう世界を目指してたの?」

平手「そうですね、少し興味がありました。」

タモリ「へー。凄いよね、でも14歳で。」

アナ「そうですね、ダンスの経験もなかったんですよね?」

タモリ「なかったの?」

平手「そうです、ないです全然。」

タモリ「へー。」

アナ「はい。」

タモリ「じゃあスタンバイよろしくお願いします。」

欅坂46「よろしくお願いします。」

アナ「2001年生まれ。」

タモリ「2001年なの?」

アナ「はい、21世紀生まれのセンターです。」

タモリ「ついに越えたか。」

アナ「はい。世紀が違うってね、ちょっと…。」

タモリ「俺なんか14歳の時何やってる?なおと、何やってた?14歳の時。」

ナオト「僕野ざるでした。」

タモリ「野ざる?」

ナオト「まだ気に登ってましたね。でも曲を作り始めたのが14歳・中2で、長渕剛さんの乾杯を初めて覚えたんですね、7・80回弾いて…。それで覚えた5個のコードを駆使して1週間後にオリジナルを作ってました。」

タモリ「へー。」

アナ「すごい。」

タモリ「すごいじゃん。」

ナオト「ええ、懐かしいですね。」

タモリ「すごいねぇ。」

ナオト「はい。」

タモリ「それではまいりましょう。」

アナ「はい。欅坂46で、デビュー曲・サイレントマジョリティー。ナオトインティライミさんで、広瀬すずさん出演のCMソング・together、2曲続けてどうぞ。」



BABYMETARL

タモリ「海外での人気はすごいねぇ。やっぱり。」

MOA「そうですね、私たちは日本語で海外のライブでも歌を唄っているんですけれども、現地のお客さんは日本語を勉強して一緒に唄って下さるんですよ。また私たちの音楽をきっかけに日本の音楽だったりメタルに興味を持ったという声をたくさん聞くのですごく嬉しいです。」

タモリ「実際やってて自分たちでもおっ、とわけ分からないようになることとかない?こんなになってるんだっていうの…」

MOA「そうですね、盛り上がり方が国によって全然違うので毎回びっくりしますね。」

タモリ「一番盛り上がるのはどこ?」

MOA「この間のイギリスのウェンブリーアリーナは本当にすごかったです。」

アナ「1万2千人ですか?」

ベビーメタル一同うなずく。

アナ「すごいですよね。はい。」

タモリ「やっぱり海外の方が声かけられるの?」

YUI「そうなんですよ、日本より海外の方がプライベートでたくさん声かけてもらって…。この間アメリカのツアーレッドショーって番組に出させてもらったんですけど、その次の日に移動で飛行機に乗ったんですよ。そしたらそのスチュワーデスさんが昨日テレビに出てたでしょう?ベビーメタルでしょ?って気づいて下さって、たくさんお菓子をもらいました。」

タモリ「お菓子もらった?w」

アナ「良かった。」

タモリ「やっぱりベビーメタルだね。www」

アナ「そうですね。」

タモリ「ではスタンバイよろしくお願いします。」

ベビーメタル「よろしくお願いします。」

タモリ「スピッツの草野君、ベビーメタル聴く?」

草野「あのね、ドキドキモーニング、て曲がね、いいです。」

タモリ「いい?」

-笑い-

草野「気分が上がります。」

タモリ「どこで聴いてるの?」

草野「YouTubeとかCDも持ってます。」

タモリ「そうなんだ。」

草野「はい。」

タモリ「ガチガチのヘビーメタルの雑誌でもちゃんと取り上げられているんだよね。」

アナ「そうでしたね。海外から本当に人気ですよね。」

タモリ「それではまいりましょう。」

アナ「はい。ベビーメタルでKARATEです。どうぞ。」



三代目J SoulBrothers

タモリ「続いては、3代目JsoulBrothersです。」

3代目JsoulBrothers「よろしくお願いします。」

-VTR-

タモリ「今回どういう振りつけなんですか?」

3代目JsoulBrothers「はい、そうですね。今回は7人でもぜひ踊りたいなと思って、今回は足をクロスして踊る足クロスダンス…。名前付けてないですけどね。」

タモリ「名前つけてないんだ。」

3代目JsoulBrothers「そうなんです。こんな感じで、今やってみます。足をこう、クロスして…。本当に単純な動きなんですけども、この単純な動きでかっこよく見せたいなっていうのがあって。」

タモリ「でも速いよね、これ。」

3代目JsoulBrothers「そうですね。結構速いですね。」

タモリ「なかなか出来ないでしょ?」

3代目JsoulBrothers「そうですね。PVでは座りながらもやっているので、もし出来そうだったら是非やって下さい。」

アナ「皆さん一緒に。」

3代目JsoulBrothers「はい。」

タモリ「他には何かあるの?」

3代目JsoulBrothers「そうですね。あとR.Y.U.S.E.I.で8っていうのを作って手を上げているんですけれども、このJ.S.B.DREAMでも手を上げてやらせてもらってます。垣内選手のナンバー8、応援する意味も込めて8と、あと永遠っていう自分達のJsoulだったりEXILE TRIBEのこの気持ちも込めて、このポーズを取らせてもらっています。

アナ「はい。」

タモリ「これもまた流行るんでしょうね。」

アナ「3代目JsoulBrothersのステージ、この後すぐです。」



スピッツ

タモリ「続いてはスピッツです。」

アナ「よろしくお願いします。」

スピッツ「よろしくお願いします。」

-VTR-

草野「ありがとうございます。」

タモリ「みなと?何でこのタイトルにしたの?」

草野「港は出会いと別れが交錯してる、題材にするには良い言葉なんですけど、演歌っぽいイメージもありますけども今回は演歌じゃない感じでやってます。」

タモリ「港の思い出はありますか?」

草野「能古島って福岡にあるんですけれど、そこに渡る港のイメージが一番に浮かびますね。」

タモリ「姪浜からね。」

草野「姪浜から、はい。すぐ着くんですけどね。」

タモリ「すぐ着く。10分で着くんだよ。」

アナ「タモリさんも行かれたことがあるんですよね?」

タモリ「大体遠足はあそこへ行きますよ。」

アナ「福岡県のみなさんは大体行く…。」

タモリ「大体行くよね。」

草野「福岡市かな?はい。」

タモリ「福岡市はね。」

アナ「へぇ。」

タモリ「あそこが港のイメージなんだ?」

草野「パッと港って聞いたらあそこですかね。」

タモリ「俺はね、こっちに来る前は博多港に用もなくずっと行ってたんだけど。」

草野「今何かオシャレな感じになってますよね。」

タモリ「そうらしいね、クルーズ船が付くようにね。博多トークしてもしょうがない。」

アナ「いやいやいや。」

タモリ「知らないだろ?能古島はね。」

アナ「はい、初めて知りました。」

タモリ「今変わってるんでしょ?あそこは、能古島は。」

草野「能古島もちょっとオシャレっぽくなってるみたいなんですけど。」

タモリ「ああ、そう。」

草野「はい。僕らは海水浴とかキャンプのイメージが強いですけどね。」

タモリ「そうそう。」

アナ「はい、スピッツの最新曲・みなと、この後すぐです。」


→戻る



©紅白歌合戦 出演者&動画