嵐 Mステ出演時のエピソード&トークまとめ


紅白歌合戦・出演者&動画
【紅白歌合戦2016-2017・出演者予想】

【紅白歌合戦2016-2017・司会予想】
紅白歌合戦・Mステ出演者(年別)
2015年の出演者
2014年の出演者2013年の出演者
2012年の出演者2011年の出演者
2010年の出演者2009年の出演者
2008年の出演者2007年の出演者
2006年の出演者2005年の出演者
2004年の出演者2003年の出演者
2002年の出演者2001年の出演者
2000年の出演者1999年の出演者
1998年の出演者1997年の出演者
1996年の出演者1995年の出演者
1994年の出演者1993年の出演者
1992年の出演者1991年の出演者
1990年の出演者1989年の出演者
1988年の出演者1987年の出演者
1986年の出演者1985年の出演者
1984年の出演者1983年の出演者
1982年の出演者1981年の出演者
1980年の出演者1979年の出演者
1978年の出演者1977年の出演者
1976年の出演者1975年の出演者
1974年の出演者1973年の出演者
1972年の出演者1971年の出演者
1970年の出演者1969年の出演者
1968年の出演者1967年の出演者
1966年の出演者1965年の出演者
1964年の出演者1963年の出演者
1962年の出演者1961年の出演者
1960年の出演者1959年の出演者
1958年の出演者1957年の出演者
1956年の出演者1955年の出演者
1954年の出演者1953年の出演者
1952年の出演者1951年の出演者

トピックス
★ 今週・先週のMステ出演者・動画 ★
Mステ放送事故・まとめ
Mステ出演禁止アーティスト一覧
Mステ出演者別トーク・エピソード
SMAPV6
Hey! Say! JUMPKis-My-Ft2
SEXY ZONEタッキー&翼
AKB48乃木坂46


嵐 Mステ出演時のエピソード&トークまとめ






ジャニーズの数あるグループの中でも不動の人気を誇る“嵐”。

かっこいいだけでなく、可愛い!と定評の嵐の、過去のMステでのエピソード・トークをまとめてみました。


2016/2/26 TOKIOと共演

5年ぶりにMステでTOKIOと共演。
お互いのお気に入りの曲(ナンバー1ソング)を選び、それをもとにトークに花が咲きました。

嵐は山下達郎と竹内まりあの作詞作曲による「復活LOVE」を披露しました。

(VTR)

アナ「嵐の皆さん、1位おめでとうございます」

嵐「ありがとうございます」

タモリ「続いてはTOKIOです」

TOKIO「よろしくお願いします!」

アナ「さぁ、TOKIOの皆さんと嵐の皆さんがミュージックステーションのスタジオで共演するのは5年半ぶりということで、こんなVTR、ご用意しました。どうぞ」

(VTR)
〜嵐、TOKIOの各メンバーが
お互いのグループの一番好きな曲を発表〜

国分→ハピネス/嵐
二宮→DR/TOKIO
山口→One Love/嵐
大野→時代(TOKIO)をよろしく/TOKIO
城島→A・RA・SHI/嵐
松本→リリック/TOKIO
(後半へ続く)

タモリ「国分はニノのドラマ、見てたの?」

国分「そうなんですよ、あの、再放送をずっと見てたんですけど、それでずっと見てて、どんどんバマってって、二宮君のお芝居が大好きで、あの、ハリウッドを狙ってるじゃないですか、どんどんハマっちゃって。で、今見て気付いたんですけど、あれ、桜井も出てたんだ」

桜井「あれ気付かなかったとしたら、ドラマの見方おかしいよそれ」

タモリ「あれだけアップになってるからさ」

桜井「ただ、ちょっと待って…」

国分「二宮に集中してたんですね」

桜井「いや、確かに山口君も言ってくださいましたけど、分かんないくらいチャラついてましたね」

山口「チャラいね~。桜井、本当チャラかったね~」

桜井「チャラかったですね。ピアスして髪長くて…」

国分「そこから、僕もハピネスにハマってったんですよね」

桜井「もう1回見返してくださいよ、出てますから」

国分「分かった分かった分かった、今度そっち集中して見るから」

桜井「いやいいよ、そんな丁寧に見なくていいです」

アナ「はい」

タモリ「山口、One Love?」

山口「はい。これはあの、初めて聞いた時にやっぱ、嵐ですごい合ってる曲で、まぁ歌詞ですか。100年先ですよ? 我々が歌ったら、もう150年くらい先ですから」

タモリ「ハッハッハッハ」

長瀬「いやーTOKIOは歌えないな」

山口「それを嵐が歌うがのすごく、あの、男でもキュンとするというか」

長瀬「かかった瞬間乙女になってましたもんね、目がハートというか」

二宮「嬉しいですね、ありがとうございます」

山口「本当に好きですね、この曲は」

タモリ「はぁー。この曲…2008年か、えーもうそんな前になるの?」

二宮「はい」

アナ「8年前ですね。はい」

タモリ「松潤は、リリック」

松本「はい、あのー、HEARTってアルバムで1位になった曲なんですけど、最初に聞いた時からすごい好きで、何かその、バンドのカッコ良さと、TOKIOのバンド感と、そのTOKIOのカッコ良さっていうのが、すごい詰まった曲だなって思いまして、この最初のギターのイントロから始まって、序々に楽器が、音が増えていく感じとか、すごいカッコイイなと思って。大好きな曲です」

長瀬「ありがとうございます」

山口「ありがと!」

松岡「もういいよ、曲いこ、曲! 何でお互いに褒め合って終わってんだ」

タモリ「スタンバイよろしくお願いします」

アナ「さぁ、これからTOKIOの皆さんには長瀬智也さん作詞作曲のフラジャイルを歌っていただきます。この曲は、散っていく桜と命を掛け合わせた楽曲になっているということです」

タモリ「うーん…」

アナ「はい」

タモリ「松本、これからTOKIOに歌っていただくけど、どうですか?

松本「そうですね、TOKIOファンの私としては、先ほども言いましたけど、序々に皆が増えていく、そのメンバー感、バンド感、僕は大好物です」

タモリ「それでは参りましょう」

アナ「TOKIOでフラジャイルです。どうぞ」

==

タモリ「続いては嵐です」

嵐「よろしくお願いします」

アナ「さぁ、それではTOKIOと嵐の皆さんが選んだお互いのナンバー1ソング、ご覧ください」

(VTR)
〜ナンバー1ソング続き〜

櫻井→東京ドライブ/TOKIO
長瀬・松岡→Monster/嵐
相葉→花唄/TOKIO

タモリ「これ何?」

相葉「ものすごい大好きな歌なんですけど、トラウマというか、これを聞くと怖い… なんでしょうね、ちょっと嫌なことがあったんですよ」

タモリ「何が?」

相葉「ちょっと松岡君と、うちのリーダーと、3人でカラオケに行って、僕がこの花唄を歌おうと思って、曲を入れたんです。あわよくば、何か一緒にうたってくれるかなって思って。すごい好きだったんで。そしたら、イントロが鳴った瞬間にリーダーが、松兄に、これ誰の曲?って言っちゃったんですよ」

タモリ「ハッハッハ」

相葉「ね、松兄に言っちゃったんですよ! で、それを聞いた松兄が、何でか分かんないけど俺に、教えとけよって言って、蹴るんですよ」

タモリ「ハッハッハ」

相葉「それで僕、背中、背骨ちょっとイッちゃったっていう…」

タモリ「大変なことになったな」

相葉「そうなんですよ。俺は、何もしてないんですよ? むしろ、こう…」

二宮「好きなんだよね?」

相葉「そうそう。あの時は、何で僕を蹴ったんでしょうか?」

松岡「あれは別に、あの、俺がお前らのピカンチを歌って。好きだから。代わりに俺たちを歌ってくれるんだろうと。何かすごいコラボっぽくてよかったじゃねぇか」

相葉「よかったですね」

松岡「こいつが、誰の曲?って言った時に、ただこいつの目が屈託のない目だったんで。分かります? 子供の目。だから怒るに怒れないけども、この気持ちをどこに持っていけばいいんだって思って、歌ってるお前に飛び蹴りした」

相葉「ビックリしたんだよなー」

桜井「結構あるんですよ、昔から。あの、振付師の方が、大野をずっと怒ってるんですけど、反応しないから、隣りの奴が、お前全然大野反応しないじゃねぇかって怒られるみたいなのが」

タモリ「あーそう」

桜井「結構あるんですよ」

タモリ「分かんないの、言われてるってのが」

大野「何かこっちも、腹立ってて、その時は」

相葉「松兄に対してじゃなくて?」

松岡「おい、ここでおっ始まるのかと思ったよ」

タモリ「ハハハ、やめてよ」

大野「こうやってぼけっと見てたら、隣の人に当たってましたね」

タモリ「へぇー。屈託の無い目が悪いのかな?」

大野「僕が悪いんですよ、全部」

アナ「さぁ今夜嵐の皆さんには、山下達郎さん作曲、竹内まりやさん作詞の最新曲、復活LOVEを披露していただきます」

タモリ「これは、大変なことだね」

松本「そうですね」

タモリ「きっかけは何なの?」

松本「あの、2013年に、あのご夫婦で僕らのコンサートに来てくださいまして、その時に達郎さんが、コンサート見終わった時に、何か僕にも嵐の曲のイメージが浮かんだなぁ、というのを言ってくださって、その場で、よかったら書いてくださいっていう話をしたのがきっかけで、このタイミングになりました」

タモリ「すごい。どう、曲聴いてみて?」

桜井「いただいたそのデモテープも、達郎さんの声で」

タモリ「本人が歌ってんだ」

桜井「まりやさんが書かれた詩と、別のセリフみたいなのがところどころに入ってたりして。実際にね、今日メールいただいて」

松本「あの、発売日にまりやさんからメールいただきまして、わざわざ渋谷のCDショップ3軒回っていただいて」

アナ「えー!」

松本「実際にCD買ってくださったって」

タモリ「へぇぇー」

松本「おめでとうっていうメールをいただきました」

アナ「そんな嵐の最新曲、このあとすぐです! お見逃しなく!」

 



2015/10/23
「心の空」、「日本よいとこ摩訶不思議 covered by 嵐」メドレーを披露。
また、松潤がHey!Say!JUMPのファンだということがトークで発覚。

タモリ「続いては嵐です」

嵐「よろしくお願いしまーす」

タモリ「メドレーのテーマは何ですか?」

櫻井「今回のアルバムのテーマが
原点回帰というテーマがありまして、
ジャニーズらしさみたいなところを
やろうと。いう中で ジャニーズらしさの中に日本、
ジャパネスクみたいなものが含まれているなと、いう中で、
まあそのなんて言うんですかね、
外から見た日本みたいな曲を作っていただこうというので
布袋さんにお願いできるかなーと、お伺いしたら快諾頂きまして」

タモリ「そういう事だったの」

櫻井「で、布袋さんとの曲とあと先ほどVTRにもあったように、
少年隊さんの曲と。のメドレーを
今日やらせていただきます」

タモリ「これ少年隊なんだよね、このね」

松本「そうなんです、
デビュー曲のカップリングなんですよね。仮面舞踏会の」

タモリ「そうらしいね」

松本「ご存知ですか?」

タモリ「これは印象に残ってますよ」

松本「そうですか、やっぱり」

タモリ「仮面舞踏会のカップリングっていうのは知らなかったね」

松本「日本×ジャニーズってなんだろうって
考えた時にこの曲がすごい印象が強くて、
で、カバーさせていただく事になって」

櫻井「やっぱり聴くと思い出しますよね?」

タモリ「思い出す思い出す。
当時からみんな、ん?っと思ってぐらい」

櫻井「ああそうですか、印象的だったんですね」

タモリ「これがジャニーズっちゃジャニーズかもしれないよね」

二宮「原点って感じが僕らはするんですよね、すごい。
だから振りの方もいただいたりもしながら
自分たちのオリジナルも出してみたいな形ですね」

タモリ「踊り激しいよねこれ」

嵐「激しいです」

松本「本当に少年隊の皆さんすごいです」 

櫻井「以前の映像とかも見させていただいたんですけど、
ずっと踊ってるんですよ」

相葉「超人です超人」

松本「僕らも頑張りたいと思います」

嵐「お願いします」

==

アナ「(ランキング1位)おめでとうございまーす」

JUMP「ありがとうございまーす」

タモリ「Hey! Say! JUMPは嵐と交流はあるの?」

有岡「あのー、先週ですね。コンサートに潤くんが
見に来てくださってですね、その後ご飯に連れてってくれたんですよね」

タモリ「へぇー」

高木「本当にすっごくおしゃれで、もう食器のカチャっとかいう音が
すごく気になっちゃうぐらい緊張感ある食事でした」

有岡「でも和む瞬間っていうのがあってですね、松本潤くん、
モンブラン出てきた瞬間に、俺モンブランには目がないんだよ〜!
ってすごいニコニコで目キラキラさせながら言ってて。
三種類あったんですけど、三種類とも全部食べてました」

タモリ「モンブランを?」

松本「モンブランには目がないんです、私」

JUMP「ハハハ(笑)」

タモリ「知らなかったな〜」

岡本「あの、僕も誘われてたんですけど、
場所分かったら連絡するねって
メールいただいてたんですけど、家帰って
5時間くらい待ってたんですけど、
全然返信返ってこなくて、、」

有岡「そうですね、あのー、岡本も来るってっていう
話をなかなか切り出すことができず」

松本「いやいや、全然タイミングあっただろ」

有岡「いやもう自分たちのことで精一杯で」

岡本「いやでも、ぜひ次機会があったら行きたいなっていう」

タモリ「あーそう」

松本「ごめんな」

タモリ「大野くんとメールしてるの?」

八乙女「ああそうです、僕ですね。
大野くんとよくメールして」

松本「何メールするの?」
タモリ「何メールするの?」

松本「俺らだってメールしないよ?」

八乙女「しないんですか?え!」

松本「リーダーとメールしないよ」

八乙女「すごいバンバンしますよね?
ブルース・リーの話でいっぱいで」

タモリ「ブルース・リー?」

八乙女「ブルース・リーさんの話で大体盛り上がるんですよね」

櫻井「そりゃ、俺ら出来ないわ。確かに」

タモリ「ブルーツリーじゃなくてブルース・リー?」

八乙女「ブルース・リーです」

二宮「スリーじゃない?3な訳じゃないよね?」

八乙女「3な訳ではないです、はい。」

タモリ「どんなこと話してるの?」

八乙女「まあ、なんか、映画のあのシーンは
あのパンチの2発はいいよねみたいな」

二宮「結構コアなね」

松本「それをメールでするの?」

大野「ええ。それが面白いんです。電話じゃなくて、ね?」

八乙女「そうです」

大野「メールで話を」

タモリ「へぇーそうなんだー」

伊野尾「結構皆さん楽しそうに
メールのやり取りしてるんですけど、僕、誰も連絡先知らなくて、
嵐の皆さんの」

有岡「そんな訳ないだろ」

伊野尾「いや、一回櫻井くんと
交換するチャンスがあったんですよ」

櫻井「ないない」

相葉「ないって言ってるよ」

伊野尾「ちょっ、あった、あった、
ちょっと話させて(櫻井に向かって)」

八乙女「タメ語使うなよお前!」

伊野尾「圭人と並びで座ってたんですけど、
圭人の連絡先だけ聞いて、俺のは聞かないで行っちゃったんですよ。
その時もうすごい傷ついて」

櫻井「違う。それはだって、
教えて下さいみたいなこと言ってもらわないと、
そりゃ俺だって。俺から教えてって言うのも何かそんなのー」

伊野尾「え、俺聞いていいんすか?逆に」

櫻井「いや別にいいよ、そんなの」

伊野尾「あ、ありがとうございます、じゃあ、後で」

櫻井「0120…」

伊野尾「いやちょっとダメダメダメダメ、
言っちゃダメ!」

相葉「フリーダイアルだけど?」

タモリ「へっへっへ(笑)」

松本「俺、そういう意味じゃー悪いけど、
お前以外全員知ってるわ」

伊野尾「え!まじすか?」

有岡「いや、潤くん俺、知らないっす。」

松本「あっお前もメンバーか」

JUMP「キャハハ(笑)」

有岡「俺、衣装着てるのに!」

タモリ「これ人数が多いと難しいね」

八乙女「でもありがたいです、本当」

タモリ「じゃあスタンバイお願いしまーす。」

JUMP「お願いしまーす!」

嵐「頑張って!」

タモリ「嵐はHey! Say! JUMPの歌聴くの?」

松本「聴きますね。
前回ライブツアーやってたアルバムを
貰った時に、三形態かな?アルバム貰って、
今回のシングルも3バージョン全部この間貰いました」

嵐「笑」

松本「僕あの、Hey! Say! JUMPのファンじゃないんですけど、
何故か全部くれるんです」

櫻井「いや、ファンでしょ、もうファンなの!」

松本「あっはい、今日も楽しんで聴きます」



2015/8/28
「愛を叫べ」を披露。

この新曲はTV初披露で、男友達が新婦に送るウェディングソングです。

嵐のメンバーが友人の結婚式に出た際のエピソードを披露しました。

嵐メンバーももう結婚してもおかしくない年頃なんですね。

先日結婚を発表した女優の堀北真希さんと噂のあった櫻井君が歌った個所では「堀北真希へのメッセージのようだった」とファンしんみり。

さらには、女優の井上真央さんと噂のある松本君が久しぶりにペアと言われている指輪や、同じブレスレットをつけていると話題に。

“愛を叫べ”でのその状況にファンの間では「意味深・・・!!」と盛り上がっています。

円陣はリーダーの大野君が「いくぞ」と声をかけるとメンバーが「おうっ」と会話をするような音量で答えるそう。

スタジオでは声を張ると他の人の迷惑になるという理由から小さめの声にしているみたいです。

パフォーマンスだけでなく、色々な楽しみを与えてくれる嵐は本当に素敵な存在ですよね。

アナ「さぁ続いては、嵐の皆さんに歌っていただきます」

「よろしくお願いします」

タモリ「嵐は結婚式に出たことあるの?」

松本「僕あります。友人の結婚式出て、余興でそれこそOne LoveとHappinessを自分込みで一緒に、友達と一緒に5人でやりましたね」

アナ「盛りあがりそうですね」

タモリ「いいねぇ、いいねぇそりゃ」

松本「是非、オファーがあったら是非」

アナ「本当ですか〜」

桜井「来てくれんのかよ、すげぇなそれも」

タモリ「ほかに、結婚式は」

桜井「俺最近すごく多くて、年齢なのかもしれないですけど、今年もう月1ペースであるんですよ。毎月あるんです」

タモリ「年齢っていくつになったの?」

桜井「30、今年4の学年になるんですけど」

タモリ「早いね〜。そう、ちょうど結婚する頃だよね」

桜井「なのかもしれないですね」

タモリ「月1?」

桜井「ですね。なんかいろんなことお願いされたりするんですよ。
例えば司会だったりとかスピーチだったりとか。
この間、ふた月くらい前ですかね、友人代表スピーチみたいなことをやってくれて言われて、まぁまぁいいけどなんて言ってたら、その新婦さんに、
奥さんにサプライズでピアノの演奏を届けたいって言うんですよ。
だからお前弾いてくれって話になって。
『お前が弾けよ』って話なんですよ。
でも僕が、新婦に向けてピアノを演奏するっていうド緊張の会だったんですけど」

タモリ「へぇ〜」

桜井「で、新婦さんが涙してくれてるかな〜なんて思って振り返ったら、僕にオーダーした新郎の方が号泣してて、新婦さんが一滴も涙流してない」

タモリ「最近は男が泣くそうだね」

桜井「まさにそうでした、その時は」

タモリ「女の人の方が、新婦の方が真面目な顔、普通の顔して、男が号泣するらしいんだよ。」

桜井「まさにそうでしたね」

タモリ「でも良かったね、ピアノ」

桜井「いや緊張してたんですよ、本当に。
全然ご飯も食べられないしお酒も飲めないし。
もうやりたくないです本当に」

アナ「嵐の皆さんの最新曲、テレビ初披露はこの後すぐでーす」




2015/5/15
リーダーのメルアドを、メンバー誰も知らなかったことがトークで発覚。

タモリ「続いては嵐です」

嵐「よろしくお願いします」

アナ「嵐の皆さんにはこんな質問が届いています。

メンバーの困った一面はありますか?」

嵐「う〜ん」

タモリ「嵐、どうですか」

相葉「ちょうど困ったことが有って、
僕一人の現場のところに、こないだ嵐の皆が
お弁当を差し入れしてくれたんですよ」

タモリ「ほう」

相葉「すげー嬉しくて、その、お礼をすぐね?
一斉で、4人にメールを返したんですよ。
一斉送信で。そしたら、
一通だけ返ってくるんですよ」

アナ「あれ?
どうしたんですかね」

相葉「それがリーダーなんですよ。
リーダーだけ、僕アドレス知らなくて
何回も返ってきちゃって
しかも、いつから俺は知らなかったんだろうっていう…」

タモリ「笑」

相葉「最近変えたんならまだしも」

二宮「聞いてみたらいいんじゃないすか?」

タモリ「これどうなの?」

大野「いや、あのー
教えてなかったんですよ」

相葉「いやそうでしょ。
だから返って来たんだもんね」

大野「けっこうだいぶ前からですね。
はい」

相葉「だいぶ前から?」

大野「だいぶ前ですね」

タモリ「何で教えないの?」

大野「いや、メンバー同士だから
しょっちゅう会えるし、あとマネージャーが
伝えてくれてんだろうとか勝手な解釈で」

相葉「勝手にマネージャーが伝えてたら
そのマネージャーダメでしょ?」

大野「ダメだけどね?」

櫻井「そりゃそうだな」

タモリ「いちおうメンバーだから教えるよな」

相葉「ねえ、教えてほしいな」

タモリ「だいたい教えないの?」

大野「いや、あんま教えないすね」

タモリ「あそう」

大野「船長ぐらいです」

相葉「船長?」
タモリ「船長?」
アナ「船長?」

松本「俺らのなかに
船長いないから」

アナ「嵐のなかには船長いませんよね」

櫻井「笑
いないよ弘中さん、何言ってるんですかw」

アナ「いませんよねw」

櫻井「いないですよ」

タモリ「釣りの船長?」

大野「釣りの船長とかは
釣りに行きたいんで教えてる…」

相葉「みんな知らないんだよ?
だって」

櫻井「それで被害が大きかったので
改めてグループの作り直して、
新しいメールアドレス入れて稼働しはじめてるんで」

タモリ「ようやく」

相葉「ようやくです」

w

アナ「そんな嵐のパフォーマンス
この後すぐです!」




2015/2/20

「Sakura」を披露。

Mステと言えば演出の豊富さ。

この回では新曲のSakuraを披露しましたが、桜吹雪に見立てた“紙吹雪”がスタジオを舞い、あまりに大量だったためメンバーが隠れてしまう一幕も。

スタッフと「歌舞伎みたいにしたい」と話したメンバーだったが、本番の量にメンバーたちも驚いたそう。




2014/10/24

「Zero−G」を披露。

この曲は面あーの大野君が振り付けを担当し、TV初披露で最新曲を披露しました。

プロジェクションマッピングの演出が凄かったとの声がある一方、あまりに目がチカチカした為嵐をあまり見れなかったという残念な声も。



2014/9/26

Mステ3時間スペシャルではハワイから生放送。

デビュー15周年記念という企画で視聴者が選んだMステパフォーマンス ベスト10も放送されファンには非常に嬉しい回になりました。

ステージに大量に降る銀テープがメンバーに絡む絡む・・・

大野君にはほとんど絡まなかったものの、相葉君は相当数の銀テープを足に絡ませたまま踊る&側転という“神業”を見せました。


2014/2/14

「Bittersweet」を披露。

バレンタインデー当日に放送されたこの回では、大野君が考えたMステVer.の振り付けがファンの間で話題に。

オシャレな衣装にキュンキュンする女子続出のバレンタインデーでした。

 

2013/3/29

「Breathless」「Love Rainbow」「ハダシの未来」「サクラ咲ケ」を披露。

AKB48が歌っている場面で後ろに映った嵐に熱愛発覚!?

櫻井君と相葉君の“櫻葉”が手つなぎ&大野君と二宮君の“大宮”がいちゃつきが画面に映り、ファンに萌え死続出。


2013/3/1

「Breathless」「Calling」を披露。

先輩のSMAPと共演。

伝説のコント「下剋上」で大いに盛り上がった回となりました。

「まさかMステで下剋上が観られるなんて!」と感激したファンも多かった模様。

スーパーアイドルSPと題して放送されたこの回では、ステージ前にファンが集まり黄色い声援を送り続け、嵐のかっこよさに酔いしれた。


2011/7/14

相葉君が退院後初のMステ出演。

肺気胸という病気で休養していた相葉君が復帰し、出番前に割と長い時間をさいてトークの時間がとられました。

トークの内容は次の通りです。

タモリ「続いては嵐でーす」

「よろしくお願いします」

アナ「先日退院されたばかりの相葉さんに質問をいただいています。入院中メンバーの皆さんとは連絡は取っていましたか?」

タモリ「とってたの?」

相葉「メールをいただきましたね、メンバー、それぞれ」

タモリ「ほー」

相葉「でも一番多かったのがリーダー(大野)ですね。メールの数は」

タモリ「へー、ああそう」

相葉「はい」

アナ「どんなメールを…」

大野「いや、普通な感じですあの、相葉ちゃん昔、ブータンに行った時の
お土産でTシャツもらったんですけど、それを着て写真とって、
今からこのTシャツ着て仕事がんばるからね、って」

(笑)

相葉「なんか、♥マーク的なね、感じなんですよ」

タモリ「ああそう」

松本「つきあってはいないんですよね?」

相葉「つきあってはいないですけどもう付き合っちゃおうかなと思ってます」

(笑)

松本「そうなんですか?w」

相葉「はい、もうキュンキュン来ちゃったんで」

タモリ「ブータンに行ってTシャツっていうのもちょっとわかんねんだよね」

相葉「Tシャツを、なんか何でもないことをリーダーメールくれたんですよね」

二宮「優しい」

相葉「志村さんの舞台見に行ってくるよ、とか」

大野「ほんとは一緒に行く予定だったんでね」

タモリ「ほー、ああそう」

二宮「なるほどね」

タモリ「次に多かったのは誰なの?」

相葉「次はね、松潤です。松潤も、心配メールと、あとちょっと会話したよね?」

松本「そうですね相葉君、普段明るいんですけど、そういうとき結構落ち込みやすいタイプなんで」

相葉「あんま言うなってテレビで」

(笑)

松本「あんまり仕事のこと考えないでゆっくり休んだほうがいいんじゃない?っていうようなメールを」

相葉「優しさありますよね」

タモリ「ほう。次は誰なの?」

相葉「あとはね、翔ちゃんとニノは一通づつしか来てないんですよ」

櫻井と二宮ががっちり握手

(笑)

アナ「あれ?」

タモリ「な、、、なんで?」

櫻井「いやあ、一通の重みって言うのが我々にもね?」

二宮「あるんですよ。こちらサイドとしてもね?こちらもこちらであの…
お忙しくさせていただいてたので、ちょっとね、
突飛な時間に送っても可哀想かなと」

櫻井「2時とか3時とかに送っても、起こしちゃうと」

二宮「そうそうだからこその一通ですよそれを感じてもらいたかったんだけどね」

相葉が冷たい目で見ている。

櫻井「あれ、ぜんぜん響いてないんだけど大丈夫かな」

二宮「いやいや、俺けっこう、長かったよ、それなりにあったぜ?」

相葉「いやいや、それなりにはあった」

松本「文面がってこと?」

二宮「文面がけっこうあったよ俺は」

櫻井「俺もそうとう、こう、なんつーのかな。まあ、あったよ?」

タモリ「や、文字数の多さじゃないと思うんだけどねw」

(笑)

櫻井「ここはやっぱ文字数ってことになってくるんでしょうな」

タモリ「そういうんならどっちが短かった?」

相葉「翔ちゃんが短かったです」

二宮「ほら、来た」

櫻井「文字数って言うより、おもいって言うことになってくるんでしょうな〜」

相葉「なんか、お帰りを言うのを三つ指ついてお待ちしておりますって、
ふざけたメールだったよね」

タモリ「笑」

相葉「あれ?ってお思って」

松本「ふざけたんですか?」

二宮「ふざけたんだ」

松本「ふざけたの?」

櫻井「……そうすね、はい」

(爆笑)

タモリ「入院中は何やってたの?」

相葉「入院中はプラモデル作ってました」

タモリ「へー」

相葉「することが何もなかったんですごいハマっちゃいましたね」

二宮「相葉さんちゃんと言ってもらっていいですか?」

相葉「プラモデル…」

櫻井「何のプラモデルですか?」

相葉「車のプラモデル」

二宮「どこまで出来たんですか?」

相葉「エンジン部分だけ」

タモリ「えー? なんだよw」

二宮「何にも出来てないです、だから」

松本「ハマってない」

相葉「ハマってないですw 退院してから一回も手、つけてないです」

タモリ「笑」

 

アナ「そして続いては、今月末からはじまるコンサートについての質問です。リハーサルは順調に進んでいますか?」

タモリ「これ、入院してたから大変だよね」

相葉「そうなんすよねあの時の一週間が、だいぶ遅れをとりまして」

二宮「相葉さんはね、入院してなくても大変な人なんだから。時間が、それなりに」

(笑)

相葉「いや、それは否定しないけど」

タモリ「へー」

二宮「すげー頑張ってるんですけど、お医者さんから言われたように、ちょこちょこ休みながら、やってるんですけど、なんか、僕らもそろそろやんなきゃいけない遠しとかやってる時に、あのー、この局わかんねえからゴメン、見てるは、とか言って、見てるんすけど4人で踊ってたら、あれ?こいつ居たなと思って。俺の隣に。振り付けの時に、居たんですよ。だから踊ってて何となく気付いたんですけど、こいつ、入院する前にやってたやつを入院したからわかんない、みたいになってるんですよ」

相葉・タモリ「爆笑」

二宮「ホントは覚えてるはずなのに一緒にやったでしょ?」

相葉「だから、入院する前にやってたよっていわれて、そっか、やってたわっていって、立ち位置入ったらいっこうに踊れないからまた出たんですよ。ぜんぜんわかんなくなっちゃって」

タモリ「なんでわかんないのそれ」

相葉「いやだから、入院って怖いですよね」

松本「ちげーよ。そこじゃないよ」

二宮「記憶力だわ」

(爆笑)


2010/8/13

出番前に「嵐に質問」のコーナー。

オープニングでは二宮君とファンキーモンキーベイビーズのファンキー加藤とが友達だと言うことが発覚。

また、相葉君の霊感の話や、出番前には「嵐に質問」のコーナーが設けられ、リーダーを決めた時のエピソードなど、興味深いトークが繰り広げられました。

トークの内容は次の通りです。

タモリ「嵐です、よろしくお願いします。」

「お願いします」

タモリ「今日先輩2組(SMAPとTOKIO)いるということで。どうですか?」

松本「なんか年末みたいなイメージですねえ。なんか緊張しますけど…
楽しんでいきたいと思います」

タモリ「続いてはファンキーモンキーベイビーズです。よろしくお願いします」

ファンモン「お願いします」

アナ「ファンキー加藤さんはプライベートで嵐の二宮さんと交流があるそうなんです」

加藤「はい。先日も一緒にご飯食べさせてもらって」

二宮「カラオケなんか行っちゃったりして」

アナ「カラオケで何を歌われたんですか?」

二宮「ファンモンさんの歌をですね。僕が即席モン吉になりまして」

加藤「大至急CDにしてリリースしたかったですよね」

(笑)

二宮「楽しくやってますよ」

タモリ「へー」

 

一番つらかった仕事は?という質問に対し…

タモリ「嵐はなんかありました?」

松本「番組の企画なんですけど、心霊スポットに行って検証ロケをやるというのがありまして。昔、太一君と一緒だったんですけど、その番組で相葉君が、何度もロケに行くうちに、いろんなものが見えるようになってしまって」

相葉「そうなんですよ、あのー、自分がちょっと怖かったですね、その当時は」

タモリ「それまでまったくそういうことはないの?」

相葉「ないんですけど、その、毎週行ってると、やっぱり開化してくんですねああいうのって」

タモリ「だって他のメンバー開化しないんだろ?」

二宮「相葉さん、スゴいなと思ったのは、ホテルとか一緒に泊まるじゃないですか。2人部屋のとき相葉さんが先お風呂入って、
俺が一人で漫画とか読んでると、「え?大丈夫大丈夫!読まない読まない!」とかって大声で、なんか言ってんすよ。
なに言ってんのかなと思って「どうしたの?」っつったら「今マンガ読むって言ったでしょ?」って言うから「いやそんなん言ってないよ」みたいな。なんかぜんぜん知らない人と会話し出すんですよ」

タモリ「え。それははっきり聞こえるの?」

相葉「はっきり聞こえたんですよ「マンガ読む?」って」

タモリ「誰の声で?」

相葉「シャワーの音でわかんないけど「マンガ読む?」っていう声が聞こえて「読まない読まない、いいよいいよ、シャワー浴びてるから」って言う話をしたら、ぜんぜん…」

二宮「何言ってんの?つって」

タモリ「へー。それじゃ他にもあるの?」

櫻井「僕、相葉と一緒にロケ行った時にシチリア島にミイラ見に行くっていうロケだったんですけど。その晩に、また相葉君がシャワー浴びてて同じように、「なに? なに? なに?」って言ってシャワーから裸で出てきたんですけど、イタリアにいた時は何語で聞こえてたのかなていう」

相葉「あのね、完全に日本語なんですよね(笑)」

タモリ「これちょっとおかしいな、二例ともシャワー中っていうのがおかしいんだよね」

相葉「シャワー中なんですよね」

タモリ「ただあの音が、なんかに聞こえるんだよ」

相葉「僕のせいですか」

タモリ「うん」

相葉「でもその心霊ロケに行かなくなってからなくなったんですよ。まるっきり」

タモリ「シャワー浴びてても?」

相葉「はい」

タモリ「ほー。そうかあ」

木村拓哉「マンガ読む?」

相葉「木村さんが言ったそんな声が、、、読まない読まない!みたいなことなんですけど…はい」

 

出番前のトーク

タモリ「続いては嵐です」

「よろしくお願いします!」

アナ「続いての質問はこちらです。グループの皆さんのリーダーはどうやって決まったんですか?」

タモリ「これは俺もちょっと不思議なんだけども」

相葉「これは少年隊さんの番組に出させていただいた時にジャンケンして決めろっていわれて決まったんですよね」

アナ「ジャンケンw」

タモリ「それまでリーダーはいなかったの?」

大野「いなかったです」

タモリ「いなかったんだ。で、相談したの?リーダーはどうやって決めますか?とかいうの」

二宮「リーダーいるの?って訊かれていないんですって言ったら、じゃあジャンケンしよっつって」

タモリ「えー?」

櫻井「皆やりたくないっていうテンションのなか、大野が、勝ったんですよ。一人で。で、大野がやることになったんです。」

大野「勝ったらリーダーになっちゃった…」

タモリ「まあそうだね。一人だけ決めるジャンケンだからね。
決まったときどう思った?」

大野「や、僕、辞めたかったんですよ」

タモリ「なにを?嵐を辞めたかったのか?」

大野「その前は。で、級にデビューんなって。でもリーダーになっても、俺辞めたいしなあ、と」

タモリ「嵐、辞めたかったのか?w」

大野「いや最初何がなんだかわからなくて、逃げたかったんですよね」

タモリ「爆笑」

櫻井「当時ね」

大野「当時、当時ね」

タモリ「何で逃げたかったのw」

大野「なんでしょうね。忙しすぎて、ついていけなかったんですよ身体が」

タモリ「ああそう、へー。それで、リーダーになったときどう思ったの?」

大野「いやーでも、まとめるとかそういうの出来ないんで。ま、一番年上ですけど、まとめることが嫌いなんでどうしようかなって、だから、なんもやってないっす」

タモリ「え?でも、なんかやることあんの?」

松本「もちろん、ありますあります」

タモリ「なにがあんの?」

松本「あの、代表でこう、一人だけ挨拶するときとかはリーダーに任せたり。みんなで挨拶して、最後に占めるのがリーダーだったりしますね。はい」

タモリ「ちゃんとやるの?」

櫻井「やるんですけど、コンサートの後、みんな高揚感のあるなか、みんな楽しかったですありがとうございました〜、みたいななか、もの凄い重たい挨拶するんですよ」

タモリ「どんな?」

櫻井「や、なんか、どういうんだっけ?」

大野「まあこれからも嵐を、見捨てないで、下さい、って」

二宮「あれぐらいのテンションでいうんですよ」

タモリ「あのテンションで?wwww」

爆笑

二宮「恐ろしいですよw」
櫻井「重たいんですよ」

タモリ「重たいね〜wwww」

 

失恋したことはありますか?という筆もんに対して

タモリ「櫻井は失恋したことある?」

櫻井「失恋と言うか、中学2年の時だったんですけど。告白しないまま終わってしまったというのはありました」

タモリ「ほう。相手は?」

櫻井「日本に来てたハンガリーの合唱団の子なんですけど」

タモリ「えー!?」

櫻井「だから、あの、、、ファンだったっていうことですよね僕が。10日とか2週間ぐらいで帰っちゃったんで告白できないし、言葉もわかんないし」

タモリ「笑」

櫻井「なんて言ったらいいのかわかんない」

タモリ「短いねぇ(笑)」

櫻井「あっという間でしたね」

2005/8/5

「Lai−Lai−Lai」を披露。

アルバム「One」に収録され、コアなファンに“神曲”として知られるこの曲ですがDVD化されておらず、TVでもこの回のみという幻の曲。

そのため、この放送はファンから「さすがMステ!ありがたい!」と大きな反響を呼びました。



2002/11/1

「PIKA☆NCHI」を披露。

メンバーの二宮君がギターを生演奏して多くの女性が彼の虜に。



1999/10/8

嵐がMステに初登場!デビュー曲の「A・RA・SHI」を熱唱。

記念すべき“嵐 Mステデビュー”!

かなり変わったスケスケの衣装で登場し、ジャニーズファンのみならず世間をびっくりさせ話題になりました。

 

 



©紅白歌合戦 出演者&動画