Mステ Hey! Say! JUMP 出演エピソード&トークまとめ


紅白歌合戦・出演者&動画
【紅白歌合戦2016-2017・出演者予想】

【紅白歌合戦2016-2017・司会予想】
紅白歌合戦・Mステ出演者(年別)
2015年の出演者
2014年の出演者2013年の出演者
2012年の出演者2011年の出演者
2010年の出演者2009年の出演者
2008年の出演者2007年の出演者
2006年の出演者2005年の出演者
2004年の出演者2003年の出演者
2002年の出演者2001年の出演者
2000年の出演者1999年の出演者
1998年の出演者1997年の出演者
1996年の出演者1995年の出演者
1994年の出演者1993年の出演者
1992年の出演者1991年の出演者
1990年の出演者1989年の出演者
1988年の出演者1987年の出演者
1986年の出演者1985年の出演者
1984年の出演者1983年の出演者
1982年の出演者1981年の出演者
1980年の出演者1979年の出演者
1978年の出演者1977年の出演者
1976年の出演者1975年の出演者
1974年の出演者1973年の出演者
1972年の出演者1971年の出演者
1970年の出演者1969年の出演者
1968年の出演者1967年の出演者
1966年の出演者1965年の出演者
1964年の出演者1963年の出演者
1962年の出演者1961年の出演者
1960年の出演者1959年の出演者
1958年の出演者1957年の出演者
1956年の出演者1955年の出演者
1954年の出演者1953年の出演者
1952年の出演者1951年の出演者

トピックス
★ 今週・先週のMステ出演者・動画 ★
Mステ放送事故・まとめ
Mステ出演禁止アーティスト一覧
Mステ出演者別トーク・エピソード
SMAPV6
Hey! Say! JUMPKis-My-Ft2
SEXY ZONEタッキー&翼
AKB48乃木坂46


Mステ Hey! Say! JUMP
出演エピソード&トークまとめ






ジャニーズ事務所の中で最多のメンバーを誇るHey!Say!JUMP

バラエティやドラマで活躍するメンバーもおり、メンバーひとり一人に根強いファンがいるのが特徴。

Mステ出演時にはこんなエピソードやハプニングがありました。

 

2015/10/23
「キミアトラクション」を披露。

先輩の嵐と共演した回。

コンサート後、嵐の松潤と食事に行ったメンバー。

けれど圭人君だけ誘われなかったという悲話を披露。

光君は大野君とメールでブルースリーに関するコアな話をするらしく、タモリさんも興味津々で話を聞いていました。

かなり内輪話のような形になってしまったトーク部分ですが、グループを超えて仲の良さが明かされたファンには嬉しい回でもありました。

アナ「(ランキング1位)おめでとうございまーす」

JUMP「ありがとうございまーす」

タモリ「Hey! Say! JUMPは嵐と交流はあるの?」

有岡「あのー、先週ですね。コンサートに潤くんが見に来てくださってですね、その後ご飯に連れてってくれたんですよね」

タモリ「へぇー」

高木「本当にすっごくおしゃれで、もう食器のカチャっとかいう音がすごく気になっちゃうぐらい緊張感ある食事でした」

有岡「でも和む瞬間っていうのがあってですね、松本潤くん、モンブラン出てきた瞬間に、俺モンブランには目がないんだよ〜!ってすごいニコニコで目キラキラさせながら言ってて。三種類あったんですけど、三種類とも全部食べてました」

タモリ「モンブランを?」

松本「モンブランには目がないんです、私」

JUMP「ハハハ(笑)」

タモリ「知らなかったな〜」

岡本「あの、僕も誘われてたんですけど、場所分かったら連絡するねってメールいただいてたんですけど、家帰って5時間くらい待ってたんですけど、全然返信返ってこなくて、、」

有岡「そうですね、あのー、岡本も来るってっていう話をなかなか切り出すことができず」

松本「いやいや、全然タイミングあっただろ」

有岡「いやもう自分たちのことで精一杯で」

岡本「いやでも、ぜひ次機会があったら行きたいなっていう」

タモリ「あーそう」

松本「ごめんな」

タモリ「大野くんとメールしてるの?」

八乙女「ああそうです、僕ですね。大野くんとよくメールして」

松本「何メールするの?」
タモリ「何メールするの?」

松本「俺らだってメールしないよ?」

八乙女「しないんですか?え!」

松本「リーダーとメールしないよ」

八乙女「すごいバンバンしますよね?ブルース・リーの話でいっぱいで」

タモリ「ブルース・リー?」

八乙女「ブルース・リーさんの話で大体盛り上がるんですよね」

櫻井「そりゃ、俺ら出来ないわ。確かに」

タモリ「ブルーツリーじゃなくてブルース・リー?」

八乙女「ブルース・リーです」

二宮「スリーじゃない?3な訳じゃないよね?」

八乙女「3な訳ではないです、はい。」

タモリ「どんなこと話してるの?」

八乙女「まあ、なんか、映画のあのシーンはあのパンチの2発はいいよねみたいな」

二宮「結構コアなね」

松本「それをメールでするの?」

大野「ええ。それが面白いんです。電話じゃなくて、ね?」

八乙女「そうです」

大野「メールで話を」

タモリ「へぇーそうなんだー」

伊野尾「結構皆さん楽しそうにメールのやり取りしてるんですけど、僕、誰も連絡先知らなくて、嵐の皆さんの」

有岡「そんな訳ないだろ」

伊野尾「いや、一回櫻井くんと交換するチャンスがあったんですよ」

櫻井「ないない」

相葉「ないって言ってるよ」

伊野尾「ちょっ、あった、あった、ちょっと話させて(櫻井に向かって)」

八乙女「タメ語使うなよお前!」

伊野尾「圭人と並びで座ってたんですけど、圭人の連絡先だけ聞いて、俺のは聞かないで行っちゃったんですよ。その時もうすごい傷ついて」

櫻井「違う。それはだって、教えて下さいみたいなこと言ってもらわないとそりゃ俺だって。俺から教えてって言うのも何かそんなのー」

伊野尾「え、俺聞いていいんすか?逆に」

櫻井「いや別にいいよ、そんなの」

伊野尾「あ、ありがとうございます、じゃあ、後で」

櫻井「0120…」

伊野尾「いやちょっとダメダメダメダメ、言っちゃダメ!」

相葉「フリーダイアルだけど?」

タモリ「へっへっへ(笑)」

松本「俺、そういう意味じゃー悪いけど、お前以外全員知ってるわ」

伊野尾「え!まじすか?」

有岡「いや、潤くん俺、知らないっす。」

松本「あっお前もメンバーか」

JUMP「キャハハ(笑)」

有岡「俺、衣装着てるのに!」

タモリ「これ人数が多いと難しいね」

八乙女「でもありがたいです、本当」

タモリ「じゃあスタンバイお願いしまーす。」

JUMP「お願いしまーす!」

嵐「頑張って!」


タモリ「嵐はHey! Say! JUMPの歌聴くの?」

松本「聴きますね。前回ライブツアーやってたアルバムを貰った時に、三形態かな?アルバム貰って今回のシングルも3バージョン全部この間貰いました」

嵐「笑」

松本「僕あの、Hey! Say! JUMPのファンじゃないんですけど、何故か全部くれるんです」

櫻井「いや、ファンでしょ、もうファンなの!」

松本「あっはい、今日も楽しんで聴きます」

 

2015/6/19 

ゲスの極み乙女。とトーク。

タモリ「続いてはゲスの極み乙女です」

ゲス「よろしくお願いします!」

アナ「ボーカルの川谷さんは先日Mステに出演して、嬉しかったことがあるそうなんです」

川谷「はい。あの、前回、Hey! Say! JUMPの中島さんと有岡さんに僕、トイレで会ったんですけど」

タモリ「ほう」

川谷「あの、『おつかれさまですっ』て素晴らしい笑顔で言ってくれて、何て素晴らしいグループなんだ、って」

(爆笑)

アナ「挨拶しただけでw」

川谷「いや、その後、僕ワンマンライブあって。あの、アンコールの前のMCでHey!Say!JUMPサイコー、って言って。曲、さいごやったんですよ」

JUMP「うれしい!スゲー!ありがとうございます!」

川谷「こちらこそホントにありがとうございます」

タモリ「へー。すごいね、それはw」

川谷「でその、Hey!Say!JUMPのファンの方が何人か見に来てくださってて『そんなサイコーって言ってくれてうちらもサイコーです』みたいなふうになってて」

JUMP「笑」

川谷「ちょくちょくHey!Say!JUMPさんのファンの方からツイッターでリプライが来たりだとか」

タモリ「あるんだw」

山田涼介「ウレシイですね〜」

タモリ「トイレで挨拶するもんだよなあ」

山田「トイレ、大事ですね。」

タモリ「じゃ、スタンバイお願いしまーす」

ゲス「よろしくお願いします」

タモリ「中島、ゲスの極み乙女。すきなんだ」

中島「そうなんですよぼくあの、前回、ほないこかさんにここで『ドラム超カッコよかったです』って言って。あの、ドラム、自分もやるんですよ」

タモリ「あ、そう!」

中島「Hey!Say!JUMPあの、みんなバンドができる人がいるんでベースだったり、ギターだったり、みんなスゴく大好きで、女性とは思えないソリッドなターン!ていう」

岡本「はい。僕も、元々好きでこの前、FESも見に行かしてもらって」

タモリ「あ、そう」

岡本「スゴかったです。もう、極めてました。」

タモリ「極めてたw」

タモリ「それでは参りましょう」

アナ「ゲスの極み乙女。で、ロマンスがありあまるです。」



2015/5/1 

「Chau♯」を披露。

山田君の股間にテレビの前の人がクギ付けになってしまった回。

紫色の衣装に身を包んだメンバー。

ただ、山田君のズボンのチャックが開いているのでは?という声が多く聞かれ、リピで確認した人も多発。

メイキング映像時もそのように見えることから「これは衣装の形だと思う」との意見も出たため、Mステ時に本当にチャックが開いていたかは不明。

 

2014/9/5 
「明日へのYELL」を披露。

裕翔君がセンターになって歌ったことでファンが裕翔君のかっこよさに惚れ惚れし感激した回。

ただ、みんなで回すはずのタオルを彼一人持っておらず、指を回すワンシーンも。

無事光君からタオルを渡してもらい、メンバー揃ってタオルを回すことができました。

曲の終盤にそのタオルを客席に投げたことでファンの熱気はピークに。

メンバーの触ったタオルをもらえるとあって、テレビを観ていた人も「Mステやるな・・」と感心した人も多かったよう。

 

2014/6/13 
「Come On A My House」「Ready Go」を披露。

Mステの椅子にずらっと並んだメンバーの衣装が“かなり派手”と話題になった放送。

人数が多いためか、衣装の派手さが目立ったこの回。

観ていて楽しく、アイドルらしいアイドルとして人気のHey!Say!JUMPだが、この回を見て彼らの人気の理由がわかった気がすると言っていた人も多かったのが印象的でした。

 

2013/7/5 
「Come On A My House」を披露。

Mステ夏のスーパーライブ放送回。

歌の途中、山田君の声がかなり小さくなり「放送事故」とされてしまった回。

マイクや音響の問題なのか、本人の問題なのかという議論がネット上で繰り広げられ、ファンとファンでない人との論争が勃発。

無事にマイクを戻り歌に戻った山田君でしたが、ネット論争は終息せず。

ただ、声が消えるということは口パクではなく生歌の証拠であり、ファンはピンマイクで生歌を歌ったHey!Say!JUMPに感動した回でもありました。

 

2007/10/26 
「Ultra Music Power」を披露。

ファン待望のMステ初登場回。

白スーツで登場した姿に意外だったファンも多かったよう。

先輩の関ジャニ∞との共演でしたが、尊敬する先輩を聞かれ「KAT−TUN」と答える伊野ちゃん。

 

かっこいい!という声よりも、とにかく「可愛い!!」というファンからの声が多いHey!Say!JUMP。

ファンを“JUMPer”や“Juliet”“とびっこ”といった様々な呼び方がありますが、みんなHey!Say!JUMPを愛する気持ちは一緒ですよね。

これからもMステで可愛い姿をたくさん見せてほしいですね。

 



©紅白歌合戦 出演者&動画