紅白歌合戦2016-2017出演者曲目一覧【サプライズ予想あり】


紅白歌合戦 出演者&動画
【紅白歌合戦2016-2017・出演者一覧
紅白歌合戦・Mステ 出演者(年別)
2015年の出演者
2014年の出演者2013年の出演者
2012年の出演者2011年の出演者
2010年の出演者2009年の出演者
2008年の出演者2007年の出演者
2006年の出演者2005年の出演者
2004年の出演者2003年の出演者
2002年の出演者2001年の出演者
2000年の出演者1999年の出演者
1998年の出演者1997年の出演者
1996年の出演者1995年の出演者
1994年の出演者1993年の出演者
1992年の出演者1991年の出演者
1990年の出演者1989年の出演者
1988年の出演者1987年の出演者
1986年の出演者1985年の出演者
1984年の出演者1983年の出演者
1982年の出演者1981年の出演者
1980年の出演者1979年の出演者
1978年の出演者1977年の出演者
1976年の出演者1975年の出演者
1974年の出演者1973年の出演者
1972年の出演者1971年の出演者
1970年の出演者1969年の出演者
1968年の出演者1967年の出演者
1966年の出演者1965年の出演者
1964年の出演者1963年の出演者
1962年の出演者1961年の出演者
1960年の出演者1959年の出演者
1958年の出演者1957年の出演者
1956年の出演者1955年の出演者
1954年の出演者1953年の出演者
1952年の出演者1951年の出演者

トピックス
★ 今週・先週のMステ出演者・動画 ★
Mステ放送事故・まとめ
Mステ出演禁止アーティスト一覧
Mステ出演者別トーク・エピソード
SMAPV6
Hey! Say! JUMPKis-My-Ft2
SEXY ZONEタッキー&翼
AKB48乃木坂46


紅白歌合戦2016-2017出演者 曲目 発表!






紅白歌合戦2016の出演者・司会・曲目がすべて発表になりました。

審査員や特別枠での出場者がこれから発表になります。


【紅白歌合戦2016-2017出演者・曲目一覧】

◆白組・出演者


「嵐 × 紅白スペシャルメドレー」

五木ひろし
「五木ひろし」

X JAPAN
「紅」

関ジャニ∞
「ズッコケ男道~紅白で夢を歌おう~」

桐谷健太*
「海の声~みんなの海の声バージョン~」

KinKi Kids
「硝子の少年」

郷ひろみ
「言えないよ」

三代目 J Soul Brothers
「Welcome to TOKYO」

THE YELLOW MONKEY*
「JAM」

SEKAI NO OWARI
「Hey Ho from RPG」

Sexy Zone
「よびすて 紅白 ’16」

TOKIO
「宙船」

AAA
「ハリケーン・リリ、ボストン・マリ」

氷川きよし
「白雲の城」

V6
「Smile!メドレー」

福田こうへい
「東京五輪音頭」

福山雅治
「2016 スペシャルメドレー」

星野源
「恋」

三山ひろし
「四万十川~けん玉大使編~」

山内惠介
「流転の波止場~究極の貴公子編~」

ゆず
「見上げてごらん夜の星を ~ぼくらのうた~」

RADWIMP*
「前前前世 [original ver.]」

RADIO FISH*
「PERFECT HUMAN」


*初出場

◆紅組・出演者

AI
「みんながみんな英雄」

絢香
「三日月」

E-girls
「DANCE WITH ME NOW!」

いきものがかり
「SAKURA」

石川さゆり
「天城越え」

市川由紀乃*
「心かさねて」

宇多田ヒカル*
「花束を君に」

AKB48
「夢の紅白選抜SPメドレー」

大竹しのぶ*
「愛の讃歌」

欅坂 46*
「サイレントマジョリティー」

香西かおり
「すき~真田丸スペシャル Ver.~」

坂本冬美
「夜桜お七」

椎名林檎
「青春の瞬き -FROM NEO TOKYO 2016-」

島津亜矢
「川の流れのように」

高橋真梨子
「ごめんね…」

天童よしみ
「あんたの花道」

西野カナ
「Dear Bride」

乃木坂 46
「サヨナラの意味」

PUFFY*
「PUFFY 20周年紅白スペシャル」

Perfume
「FLASH」

松田聖子
「薔薇のように咲いて 桜のように散って」

水森かおり
「越後水原~白鳥飛翔~」

miwa
「結 -ゆい-」


総合司会:武田真一アナウンサー
紅組司会:有村架純 白組司会:相葉雅紀

裏トーク(副音声)司会:バナナマン 橋本奈穂子アナ
ゲスト出演:タモリ マツコデラックス
審査員:伊調馨(決定)



<初出場アーティスト・動画まとめ>


【初出場】▶THE YELLOW MONKEY(イエモン)
…今年。12年ぶりに再結成して話題になったTHE YELLOW MONKEY(イエモン)が初出場内定という報道があり、そのまま初出場が決定。内定報道第一号。今年再結成してからツアーやフェスへの参加、新曲の発表などかなり精力的に活動しており、ファンからは飛ばし過ぎではないか?年なのに?という声さえ上がっている。



初出場▶宇多田ヒカル
…『トト姉ちゃん』の主題歌やNHK『SONGS』出演から出演濃厚と言われていたが、アルバムの売れ行き好調のため、宣伝効果を狙って出演する必要がなくなったことから出場を既に断ったとの報道あり。しかし、もう収録出演が決まっていて収録まで済んでいるという報道もあって情報が錯綜していた。が、結局初出場が決定。しかも収録ではなく生での出演となるとのこと。



初出場▶桐谷健太
…auのCM「三太郎シリーズ」で浦島太郎に扮する桐谷健太が初出場決定。CM曲にも使われた「海の声」が今年上半期にヒットしている。同曲が収録されている自身初となるアルバム「香音―KANON―」も売れ行き好調で、5月に行われた日本ダービーでは国家を独唱するなど、俳優でありながら歌唱力も評価されている。



初出場▶RADIO FISH(オリエンタルラジオ)
…「パーフェクトヒューマン」のヒットで出場が濃厚との報道がかなり早い段階から度々あり。ただし、報道されるのは彼らが意図的に「紅白出場」を意識した大げさな発言を繰り返し、自分たちの紅白出場の雰囲気作りをむりやりしているからでもある。そのやり方が功を奏したかどうかは不明ながら初出場が決定。当初は企画枠だという噂が流れたが白組から出場。



初出場▶RADWIMPS
…アニメ映画『君の名は。』のヒットで一気に注目が集まり、ほぼ紅白出場が確実ではないかとまで報道あり。ほぼ決定と見られていたが、初出場が決定。



初出場▶KinKi Kids
…いまだに白組として出場していないKinKi KidsをSMAPの後がまにジャニーズ事務所がプッシュしているとの報道あり。毎年好例の年末コンサートの予定が今年はないことから、SMAPの出演如何に関わらず出演か?本人たちも出場に前向きなコメントを出している。こちらもほぼ決定な空気が漂っていたが、やはり出場決定。

初出場▶大竹しのぶ
…歌手というイメージはないが、女優業の傍ら常にCDを出してきた。歌唱力にも定評はあったが、なぜ今年初出場になったのかは不明。

初出場▶PUFFY
…結成20年目で初出場。90年代のブレイク時に一度紅白のオファーを断っていることから、意外な選考。



初出場▶市川由紀乃
…ここ数年、正統派女性演歌歌手としての紅白出場が目されてきたがなかなか出演とならなかった。昨今の演歌歌手の世代交代によって初出場が決定した。

初出場▶欅坂46
…結成からまだ8ヶ月と若いグループながら初出場が決定。明石家紅白にもすでに出場している。乃木坂46の関連グループで坂道シリーズの第二弾としてデビューから存在感を示している。



内定▶ピコ太郎
…RADIO FISH(オリラジ)がお笑い芸人枠として一番意識しているのがピコ太郎。世界規模のヒットという実績からいうと出場が濃厚という報道も当然と言えば当然。こちらも視聴率の底上げに一役買いそうだ。さっそく企画枠でオリラジとともに初出場が内定。





<落選、その他アーティストまとめ>

▶タモリ

…9月にはSMAP出演のために一肌脱ぐとタモリからNHKへ直訴しているという報道が出たが、10月になってNHKが交渉に失敗し、今年もタモリの司会は流れたという報道があった。だが、10月下旬になっても司会者が発表されないことから、まだNHKの交渉が続いていて、タモリの司会に脈があるのではないかという報道がされていたが、やはり今年も出演はなし。

▶古舘伊知郎
…タモリに次いで司会の候補によく名前が挙がっているのが古舘伊知郎。こちらもやはりタモリとSMAPの交渉次第では総合司会起用がありそうと言われていたが出演はなし。

▶和田アキ子
…歌手としての活動にそれほど目立ったところがないにもかかわらずの紅白出場に批判が上がっている和田アキ子だが、後輩歌手とのバーターで出演が濃厚との皮肉な報道があり。また、報道は出演と落選と両論あったが、けっきょく落選が決定。和田アキ子本人は、まだまだ歌い続けるとコメントを発表。

▶中森明菜
…今年の目玉に中森明菜の出演を企画しているのではないかとの事前報道あり。しかし、やはり紅白側の世代交代路線の影響からか出演は見送られた。

▶小林幸子
…小林幸子のNHKの貢献度や一部ファンへの人気の高さから「落選の理由がない」とまでする報道があり、出演への期待が高まっていましたが出場が見送られました。理由は、報道によると、和田アキ子ら大御所の落選と同様に出演者の若返り、イメージの一新によると言われている。

▶美輪明宏
…美輪明宏もやはり世代交代の煽りを受けての落選と言える。ヒット曲がなくヨイトマケの歌だけでは持たないことと、81歳という高齢も影響したのではないかと言われている。

▶ゴールデンボンバー
…ゴールデンボンバーも、実力と人気はかなりあるものの、やはり年間を通じてのヒット曲がなく、話題性に乏しかったことが落選の原因に挙げられる。女々しくてだけで5年連続はならなかった。

▶EXILE
…ボーカルのATSUSHIが海外に拠点を移した影響で、メンバー間の団結がバラバラになっている模様。所属事務所のLDHは、後輩グループのGENERATIONSを代わりに出演させたかったようだが出演できなかった。これはLDHの影響力がEXILEの衰退と同時に低下しているのかもしれない。

▶オール巨人
…RADIO FISH(オリラジ)が意識するお笑い芸人がオール巨人。今年リリースした「男の子守唄」がヒットし、NHKでも度々流されていることから出演があるのではないかと報道あり。特別枠での出演も微妙か。

▶吉田拓郎
…以前一度出演したことのある吉田拓郎は「うんざり」と紅白出場を否定。絶対に出ないとのこと。

▶ピカチュウ
…ポケモンGOの流行から企画コーナーが準備されていて、ピカチュウ(の着ぐるみ)が出演するのは決定的だとの報道あり。ありそうな話ではある。

▶ボブ・ディラン
…今年、文学者ではないのにノーベル文学賞を受賞し世間を騒がせたボブ・ディランが目玉に出場するのではないか?とのこと。SMAPが不出場となった際の超隠し球的な演出として考えているらしいが、ボブ・ディランが引き受けるのかどうかはかなりあやしい。というか、そんな画策があるのかどうかもあやしい?


<紅白歌合戦2016→2017ニュースまとめ・SMAP関連ほか>

SMAP解散報道を受けて、司会にタモリの名前が浮上!その真相は?
SMAP解散&出場辞退のせいで、北島三郎がまさかの紅白復帰?!
【賛否両論】SMAPの紅白出場、賛成・反対意見まとめ
白組司会にまさかのSMAP中居正広?!
宇多田ヒカル、心境の変化で紅白歌合戦2016出場か?



残る発表は、曲目と順番とサプライズ出演者になりますが、まずサプライズの可能性について探ってみましょう!


●SMAPの大トリ出演、複数曲歌唱
…今年は昨年よりも5組も出演者が少なく、放送時間の長さは変わらないことから、これはSMAPの出演枠なのではないかと言われています。

だいたい一組の出演時間は2〜3分ですので、10〜15分ほどの時間が「企画コーナー」に割り当ててキープされていることになり、ここにSMAPが出演することになると、2、3曲をフルコーラスで歌えることになります。

また、ゲスと出演が決まったタモリの存在が、SMAPのshつ円の布石になっていて、これでかなりSMAPの出演に前進したのではないかという意見もありますが、逆にNHKの無駄な抵抗と見る意見も多い状況です。

可能性としては、7:3ぐらいの割合で、出演はないのではないかと予想します。


●ピコ太郎の出演
…ピコ太郎の内定報道がありましたので、これは確実にあるでしょう。


●ボブ・ディランの出演
…今年、文学者でもないのにノーベル文学賞を受賞して話題になったボブ・ディランが出演するかもしれないと言う報道がありました。が、なかなか難しいのではないかと思われます。

ただ、ボブ・ディランは非情な親日家だとのことなので、可能性は0ではないかもしれません。


●小林幸子が派手な衣装で登場
…去年、企画枠で登場し今年は普通に紅組から出るのではないかと言われていましたが、選考から漏れました。

事務所関係のスキャンダルの尾がいまだにひいているとの報道もあり、微妙なところですが、2年連続企画コーナーで出すなら、普通に紅組で出すのではないかとも思えます。


●ポケモンGO人気で、ポケモンコーナー
…これはかなり現実的にありえそうな線ですね。

必ず子供向けのコーナーが一つはあるので、7時台とか8時台の早い時間帯にありそうです。


●BIG BANGが特別出演
…こちらはかなり社会的な反発が大きいかもしれませんが、K-POPからBIG BANGの出演です。

今年デビュー10周年で、さらにメンバーの一人が2017年から徴兵され、さらにメンバーが順次徴兵で活動からは慣れなければならず、5人での活動が当分ないことから、ファンからは最後に紅白で、という声が上がっています。

出場となれば色んな意味でサプライズとなるでしょう。




【順番の発表はいつ?!】

例年、順番の発表は曲目発表の4日〜1週間後ぐらいです。

ですから今年は、だいたい次のようなタイムスケジュールではないかと思われます。



        12/1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


サプライズの企画コーナーは当日まで発表されないことがあるので、もしかするとSMAPの出演が決まっても当日まで発表がないこともあるかもしれないですね。

【初出場の可能性があったが逃したアーティスト】

Kis-My-Ft2
…Kis-My-Ft2は、2005年に結成されたジャニーズのアイドルグループ。メンバーは、北山宏光、千賀健永、宮田俊哉、横尾渉、藤ヶ谷太輔、玉森裕太、二階堂高嗣の7名。グループ名は、各メンバーの名前の頭文字ををそれぞれ取って付けられた。
デビュー曲は「Everybody Go」で、2011年に発売され、ドラマの主題歌にもなった。また、アイドルとしての活動はもちろん、バラエティ番組での活動も活発であり、レギュラーはもちろん自身がメインとなっている番組も持っている。そしてメンバー個人個人の活躍も行っており、「舞祭組」というメンバーの内の4人で結成したグループもある。
長年紅白出場を期待されていながら果たしていないジャニーズ事務所のアイドルである。


Hey! Say! JUMP
…Hey! Say! JUMPは2007年に結成された、ジャニーズのアイドルグループ。グループ編成は、大きくHey!Say!7とHey! Say! BESTの2つのグループに分かれている。
メンバーはHey!Say!7が山田涼介、知念侑李、中島裕翔、岡本圭人の4人で、Hey!Say!BESTは有岡大貴、高木雄也、伊野尾慧、八乙女光、薮宏太の5人。
デビュー曲は「Ultra Music Power」で、2007年に発表され、1位を獲得している。2016年の現在人気があるのは「ウィークエンダー」で、ドラマの主題歌にもなっている曲であり、ヒット曲でもある。
こちらも人気は紅白出場に十分で、なかなかジャニーズ枠が空かないことから出演が果たせていないジャニーズグループである。

Kalafina
…Kalafinaは、Wakana、Keiko、HIkaruによる女性3人組ボーカルユニットである。プロデュース、作詞作曲は梶浦由記が手掛けている。2008年、アニメ「空の境界」第一章「俯瞰風景」の主題歌「oblivious」でデビューを飾る。この曲は週間オリコンチャート最高8位を記録した。本来Kalafinaは「空の境界」専用のユニットとして結成され、関連楽曲リリース後に解散する予定だったが、3人のコーラスワークによる歌唱力の高さから、リリース後も活動を継続していくこととなる。アニメの主題歌を中心に楽曲を発表するほか、NHK歴史情報番組「歴史秘話ヒストリア」の主題曲を担当しており、多くの年齢層の支持を得ている。「梶浦語」と呼ばれる、造語を盛り込んだ歌詞が特徴である。



でんぱ組inc
…でんぱ組incは「でんぱぐみいんく」と読み、2008年に前身となる「電波組」が結成され、2011年6月に現在の形となりました。赤、白、ミントグリーン、イエロー、紫、ブルーのそれぞれの担当色を持つ6人の女性アイドルグループで、電子音を多用したテンポの速い「電波ソング」と呼ばれている。
それぞれのメンバーは、もともとゲームやコスプレ、アニメなど、オタク要素の高い趣味を持っており、オタク独特の個性をそのままグループのキャラクターとして活用している。
でんぱ組inc名義での楽曲発表や映画主演、ラジオパーソナリティーの他、2016年には、紫を担当色とする最上もががテレビドラマ「重版出来!」に出演するなど、個人での活躍も増えてきている。




秦基博
…秦基博は1980年10月11日宮崎県生まれ、神奈川県育ちのシンガー・ソングライター。主にギターの弾き語りによる楽曲が多い。
1999年から活動を開始、2004年インディーズミニアルバム「オレンジの背景の赤い静物」を発売。2006年1stシングル「シンクロ」でメジャーデビューし、2007年には1stアルバム「コントラスト」を発売。同年、全国ツアー「秦 基博1st LIVE TOUR❝CONTRAST❞」を開催している。
その後、ファンを徐々に増やし、数々の名曲を世に出している。近年、2014年には17thシングル、映画「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌として発売された「ひまわりの約束」が初週から売上枚数1.2万枚を記録し、オリコン週間10位を獲得。発売から1年以上を経過しても、人気は衰えなかった。
今年2016年には20thシングル「スミレ」を発売。その甘く切ない歌声が幅広い世代に愛されている。




藤原さくら
…藤原さくらはアミューズに所属するシンガー・ソングライター。1995年12月30日生まれの20歳。
10歳のころギターを始め、高校時代にライブハウスなどで本格的な活動を始める。その活動の中で3枚のミニアルバムを発売。
現在はいづれも完売している。三年生のときには初のスタジオアルバムを発売している。2014年5月11日にはワンマンライブを東京と福岡で開催し、2015年3月18日にはSPEEDSTAR RECORDSよりメジャーデビューを果たした。2016年に入ってからは福山雅治主演のフジテレビ4月期ドラマ「ラブソング」のヒロインに大抜てきされる。その中で自身の楽曲「soup」が主題歌として起用され、話題となり人気を集めている。


黒木渚
…黒木渚は、1986年4月19日 生まれのシンガーソングライター。
元々は男女混合のロックバンドとして活躍をしていたが、ギターとボーカルの黒木の本名であると同時にバンドの名前でもあった。
インディーズの活動では、インディーズチャートで14位、有線インディーズチャートで1位を獲得している。その後も10週連続でオリコンインディーズチャートTOP20 にランクインした記録持っている。
2016年は、4月6日リリース曲「ふざけんな世界、ふざけろよ」がヒットしている。


Little Glee Monster
…Little Glee Monster(リトル・グリー・モンスター)は、2013年に結成された女性ヴォーカルグループ。「リトグリ」「LGM」などの愛称でも知られ、現在は芹菜(17歳)、あさひ(17歳)、麻珠(18歳)、MAYU(16歳)、かれん(17歳)、manaka(15歳)の6人がメンバーとして活躍している。メジャーデビューは2014年。
2016年は、1月にデビューアルバムとなる「Colorful Monster」をリリースし、同アルバムチャート4位とヒットを記録しました。5月11日には、5枚目のシングルとなる「My Best Friend」が発表され、こちらも同シングルチャートで5位にランクインするヒットとなっています。
そんなLittle Glee Monsterの魅力は何と言ってもその透き通った歌声、そして、某損害保険のCMでも聴くことが出来る抜群のコーラスワーク。その歌とコーラスは、新曲「My Best Friend」でも余すことなく発揮されている。
実力派ヴォーカルグループとして紅白出場が目前と言える。

©紅白歌合戦 出演者&動画